01206785380120-678-538

お役立ちコラム

2022/06/19
草むしりはコツをつかんで効率的に!必要な道具も揃えましょう

草むしりはとても厄介な作業です。
作業自体に時間がかかりますし、ちょっと期間が開いてしまうと、すぐに新たな雑草が生えてきてしまいます。
そのままでもいいかと思いがちですが、見た目にも良くないですし、様々なデメリットも存在するので、何とか頑張って取り組まなければなりません。


そのままにしておいて枯れるのを待つ!というのも、一つの方法ではありますが、雑草は一度枯れても根や種が残りますから、解決策とは言えないでしょう。
でも、できるだけ簡単に効率よく草むしりができれば、それはありがたいと思いませんか?
ここでは、草むしりのコツや、必要な道具についてお話ししましょう。

草むしりはコツをつかんで効率的に!必要な道具も揃えましょう

草むしりはとても面倒!

草むしりは、とても面倒です。
それは、雑草は一度きれいにしてもまた次の草が生えてくるので、終わりがないからではないでしょうか。


しかも、ちょっとした草むしりなら数分で終わりますが、草の種類や土地の面積によっては一日がかり、もしくはそれ以上の時間を要することも少なくありません。
草むしりのスピードよりも、雑草が生えて広がる速度のほうが早いというのが、面倒な理由でしょう。


また、雑草の種類によっては、根が残っているとすぐに新しい芽が出てくるものもあります。


さらに、寒さに強い雑草もあるので、1年中草むしりをしなければならないケースも多いのです。
仕事で疲れているのに、休日は草むしりと考えるだけで、面倒だと思うのはごく普通の感覚なのではないでしょうか。

草むしりをしないデメリット

「草むしりをしなくても問題ない」「時間をかけたくない」という人も少なくないと思います。
確かに、草むしりをしないからといって、私たちの生活に大きな影響は出ないかもしれません。
ですが、草むしりをしないデメリットも知っておく必要があります。


草むしりをしない場合、草がどんどん生えて範囲が広がり、見た目が悪くなります。
ご近所からの印象が悪くなりますし、雑草がそのご近所に広がると、トラブルの原因にもなりかねません。


さらに、雑草が生えると害虫やネズミの住処になってしまうので、衛生上もよくありません。
また、草むしりをしていないということは、家の環境に関心がないと思われ、空き巣のターゲットになる可能性も少なくありません。


「雑草をそのままにしておけばいつか枯れるだろう」という考えは間違いではありませんが、様々なデメリットがあるので、早めの草むしりをおすすめします。

草むしりのコツ

草むしりは、コツを押さえておくとスムーズに進めることができます。
まず、草むしりをする時間帯です。
おすすめは朝霞夕方の涼しい時で、特に朝早い時間帯は、虫も少ないので取り掛かりやすいですし、暑さに関係なく作業がはかどります。


さらに、少し前に雨が降った時を選ぶと、土が柔らかいので簡単に草むしりをすることができます。
根こそぎ取ることもできるので、根深い雑草を取り除くには最適でしょう。
ただし、前日に雨が降った翌朝は、土は柔らかいですが、草に水がついていることも多いので、濡れない対策をするのもポイントでしょう。


他には、草むしりの回数を増やすことです。
毎週のように草むしりをすると、回数の多さに嫌気がさしてしまいますし、そこまで頻繁にする必要はありません。
年に3回、冬と梅雨入り前、秋あたりに行うのがいいでしょう。


もちろん余裕があれば、春先や真夏などにも草むしりを行うと、きれいな状態を保つことができます。
草のないきれいな状態が続くと、気持ちもさわやかになるので、草むしりが好きになったという人もいます。
できる時に少しずつやっておくというのも、草むしりのコツといえるかもしれません。


また、コツといえるかどうかはわかりませんが、「草むしりをする場所が広い」「すでにかなりの雑草が生えていて、自分だけの力ではどうすることもできない」という場合には、思い切って専門業者の力を借りることも大切です。
「まずは取り掛かる」というのが草むしりを行うための一番のコツではないでしょうか。

草むしりの準備と必要な道具

草むしりは手で行うという人もいますが、やはり道具は必要です。
ガーデン用バケツやゴミ袋、ガーデン用手袋やスコップも必須アイテムです。
手袋の中に軍手をはめておくと、蒸れることがないですし、作業もしやすくなります。
ホウキやフォークがあると、草を集めるのに役立ちますから、一つは準備したいところです。


さらに、大切なのは「虫刺され対策」でしょう。
草むしりに一生懸命になっていると、虫に刺されていることがわからず、終わった後で腕や足が大変なことになっているということも少なくありません。
虫の種類によっては化膿してしまうこともあるので、虫よけスプレーを使い、長袖・長ズボンという服装で行うのが基本です。

まとめ

草むしりはできるだけ効率よく行うのがコツです。
ですが、自分一人では対処できないケースもあるでしょう。
その場合は、専門業者の力を借りて、草むしりを任せることも検討してみてください。


弊社は愛知県を中心に岐阜・三重の東海三県で便利屋サービスを提供しております。お見積り・ご相談・出張費は無料で、予約状況によっては即日対応も可能です。

「リアルサービス」の庭手入れ・植木伐採・剪定についてはこちら

関連記事

  • 汚部屋脱出の「5つのポイント」&「脱出の手順」を徹底解説!汚部屋脱出の「5つのポイント」&「脱出の手順」を徹底解説! モノやゴミがあふれて足の踏み場もない・・・そんな「汚部屋」でお悩みの方はいませんか? 中には、なんとか汚部屋から脱出したいと思っているのに中々上手くいかないという方もいらっしゃると思います。 汚部屋から脱出するには、とにかく手を動かしてみることや、捨てやすいものから捨て […]
  • 【汚部屋掃除】手順と3つのコツ・汚部屋化を防ぐポイント【汚部屋掃除】手順と3つのコツ・汚部屋化を防ぐポイント 部屋がなかなか片付かず、どんどん汚くなってしまう・・・。いわゆる「汚部屋」でお悩みではないですか?汚部屋を放置しておくとカビや腐敗が生じ、ひどい場合は健康に害を及ぼす可能性があります。快適で健康な生活を送るには、小まめに掃除を行い、汚部屋化を防ぐことが大切です。でも、中には「ど […]
  • 仏壇の引っ越しには注意が必要?手順を知って配慮を忘れずに仏壇の引っ越しには注意が必要?手順を知って配慮を忘れずに 引っ越しの際、取り扱いに注意が必要なのが「仏壇」です。仏壇を他の家具と同じように扱ってよいか迷う方もいるのではないでしょうか?仏壇は「移動の前後に供養が必要」「推奨される置き場所がある」など、他の荷物とは異なる特殊な事情があるため、取り扱い方法を知っておくことが大切です。 こ […]
  • 雨の日の引っ越しは要注意!失敗しないための対策法を解説雨の日の引っ越しは要注意!失敗しないための対策法を解説 引っ越しを無事に終えるには天候も関係します。たとえば、雨の日に引っ越しをするのはとてもたいへんですよね。 荷物が濡れたり、車に積み込むのが面倒になったりと問題はいろいろです。そのほかにも、雨の日の引っ越しには危険が伴うので十分に気をつけましょう。 この記事では、雨の日の引っ […]
  • 引っ越しにおける段ボールへの服の上手な詰め方とは?引っ越しにおける段ボールへの服の上手な詰め方とは? 引っ越しをするときに大活躍するのが段ボールです。特に服を段ボールに詰め込んで運ぶケースは非常に多いですよね。 ただ、「うまく詰められない」「服の量が多すぎる」という問題もあります。スムーズに引っ越しをするための段ボールへの服の詰め方を考えてみましょう。 この記事では、引っ越 […]
  • 便利屋に依頼するのは怖い?便利屋スタッフが明かします!便利屋に依頼するのは怖い?便利屋スタッフが明かします! みなさんは「便利屋」にどんなイメージをお持ちですか? 世間一般での「便利屋」のイメージが、すごくいい‼というイメージだけではないのが、悲しいですが現状です。 そこで今回の記事では、便利屋で働くスタッフ自らが働いていて感じる実態や印象についてご紹介いたします。 […]
ページのトップに戻る
  • お見積り訪問
    ご相談・出張費
    0
  • 「HPを見た」で
    20%off

名古屋、愛知、岐阜、三重にて遺品整理やゴミ屋敷片付けなどのお困り事は便利屋リアルサービスに何でもご相談ください。