01206785380120-678-538

お役立ちコラム

2022/06/18
不法投棄は家庭ゴミでもバレる!?正しい処分方法とは?

不法投棄と聞くと、大きな工場などの大きなゴミを、勝手に山の中などに捨てるイメージがありますよね。
テレビドラマでも、大型の冷蔵庫や車のタイヤなどを、誰も見ていない夜間に山の中に捨てているシーンを見たことがあるのではないでしょうか。


確かにその行為は不法投棄なのですが、家庭ゴミを決められた場所で処分しないというのも、れっきとした不法投棄になるのです。
「みんなやっていることだし、家庭ゴミくらいならバレることはないのでは?」と思うかもしれませんが、その考えは間違っています。
今回は、不法投棄の基本的な知識と、処分の仕方についてお話ししましょう。

不法投棄は家庭ゴミでもバレる!?正しい処分方法とは?

不法投棄とは?なぜいけないの?

不法投棄というのは、法令に違反した処分方法で、廃棄物を投棄することです。
たとえば、山の中に大型の冷蔵庫などの家電製品をこっそり捨てる、まさにそれが不法投棄です。
残念ながら、処分する際の手間や手数料を惜しんでの行為が後を絶たないのが現状です。


不法投棄を行うと、捨てられた場所の景観が悪くなるだけでなく、土壌や近くの河川に何らかの影響が出てしまいます。
そのため、不法投棄に関しては法律で罰則が決められており、少しでも防ぐための対策が自治体でも取られているわけです。


ちなみに、不法投棄がバレると、個人の場合には5年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金になる可能性が高く、行為によっては懲役と罰金の両方が科せられることもあります。

家庭ゴミも不法投棄になるの?

不法投棄と聞くと、大型のゴミを勝手に捨てるというイメージがありますが、実は家庭ゴミも該当します。


「コンビニに私物のゴミを捨てる」「空地や道路に粗大ゴミを捨てる」「公共の場所(公園や川など)に粗大ゴミを捨てる」「他人の私有地に粗大ゴミを置く」ということも不法投棄に含まれるのです。


「家庭ゴミなんて、そんなに大きくないし、ちょっと捨てただけなら問題ないのでは?」と思うかもしれませんが、その「ちょっと」を許してしまうと、大量の家庭ゴミが街に溢れることになってしまいます。


どんなゴミでも処分方法に従って捨てないと、それは不法投棄とみなされても仕方がないというのが現状です。
ですから、家庭ゴミでもきちんと分別し、自治体で決められた処分方法に従うのが基本となるのです。

家庭ゴミの不法投棄は

家庭ゴミの不法投棄は、「大きくなければバレることはないのでは?」と思うかもしれません。
ですが、バレる可能性がとても高いです。


その理由の一つとして、監視カメラの存在が挙げられます。
監視カメラは、銀行をはじめスーパーやコンビニ、飲食店の入り口や中などに設置されていることが多いのですが、最近では不法投棄防止として設置しているところも多くなっています。

しかも、最近の監視カメラは非常に性能がよく、暗いところでも顔がはっきり映るものもありますし、映像の解像度も上がっています。
誰が何をどうやって不法投棄したのかということが、ばっちり映っているわけです。


設置台数も、1か所だけでなく様々な方向から監視しているので、バレる可能性は非常に高いでしょう。


また、ゴミの中の個人情報から、特定されることもあります。
自転車や家電などは、製造番号から販売店を調べることができますし、レシートなどが入っていれば、その店の住所を特定し、そこから調べを進めることもできます。


不法投棄をした側がどれだけバレないように工夫をしても、それ以上の対策を講じている自治体や土地の持ち主が存在しているのです。

家庭ゴミの正しい処分方法や困った時の解決策

家庭ゴミは、住んでいる自治体でその処分方法について決まりがあります。
それに沿ってゴミを捨てていれば、不法投棄とは無縁ですし、バレる・バレないという心配をすることもありません。


「引っ越ししたばかりで処分方法がわからない」という場合には、自治体に問い合わせれば教えてもらえますし、ご近所で教えてもらうのも一つの方法です。
大きなゴミでも、収集してくれるところもありますし、処分センターに持ち込めば、正しく処分してもらえるでしょう。


家電製品などは、近くの電気店などで引き取ってくれる(有償)ケースも多いですし、買い替えの際に引取りをお願いすることもできます。


一番まずいのは、「処分に困ったからどこかに捨ててしまおう」という考えです。
環境問題や不法投棄が問題視されてから、自治体では様々な取り組みを行っています。
正しい方法でゴミの処分をしましょう。


ただし、あまりにたくさんのゴミが出てしまい、処分に困ることもあるかもしれません。
そんな時には、専門の業者にお願いするのが無難です。
専門業者であれば、ゴミの種類に関係なく、正しく処分してくれますし、すべて持って行ってもらえるので助かります。


処分に困って不法投棄をしてしまい、警察のお世話になるくらいなら、専門業者の力を借りて正規の方法で処分するのが一番でしょう。

まとめ

不法投棄は「自分一人くらいなら大丈夫だろう」という軽い気持ちで行う人もいますが、その影響は計り知れないものです。
環境破壊や迷惑につながるだけでなく、自身の罪を償わなくてはいけません。


正しい処分方法でゴミを処分することは、難しいことではありませんので、各自治体のルールに従って処分しましょう。
もしも、自分で処分するのが難しい場合は、ゴミの処分を任せられる業者にお願いする方法もあります。


弊社は愛知県を中心に岐阜・三重の東海三県で便利屋サービスを提供しております。
お見積り・ご相談・出張費は無料で、予約状況によっては即日対応も可能です。

リアルサービスの不用品整理・買取りはこちら

関連記事

  • 遺品整理とは?故人と向き合い貴重な時間を過ごす方法遺品整理とは?故人と向き合い貴重な時間を過ごす方法 高齢化や単身者の孤独死などにより、遺品整理は今、注目度が高まっています。大切な方のお通夜・葬儀が終わり、それまでの慌ただしさが落ち着いたころに待っているのが、遺品整理です。 遺品整理は、じっくりと故人に向き合える貴重な時間です。気持ちの整理をするにもいい機会と言えます。 し […]
  • 伐採と伐木の違いとは?作業内容・目的・使用する道具などをチェック伐採と伐木の違いとは?作業内容・目的・使用する道具などをチェック 林業や土木業界でよく耳にする「伐採」と「伐木」ですが、2つの言葉の意味の違いはご存知ですか? 同じ「伐」という漢字が用いられているため、同じ意味に捉えられがちですが、厳密には少し異なります。 伐採や伐木のほかにも、似たような言葉として「伐開」「剪定」「伐根」などもありますが […]
  • セルフネグレクトとは?原因・脱出方法・予防方法を徹底解説!セルフネグレクトとは?原因・脱出方法・予防方法を徹底解説! みなさんは「セルフネグレクト」をご存じでしょうか? セルフネグレクトとは、生活を保つための能力や意欲が欠如していて、心身の安全や健康が脅かされている状態のことを言います。 自分や周りの方がセルフネグレクト又はセルフネグレクトに陥る危険があるという方もいらっしゃるかもしれませ […]
  • 身辺整理とは?タイミング・対象となるもの・やり方を徹底解説身辺整理とは?タイミング・対象となるもの・やり方を徹底解説 最近は若い人の間にも、「身辺整理」を行う方が増えています。 終活の一部としてのイメージが強い「身辺整理」ですが、それ以外のタイミングで取りかかる方も多く、身近な作業となりつつあります。 そんな身辺整理ですが、実際にやってみようとすると意外と分からないことが多いです。 […]
  • 生前整理でやることは何?メリットや進め方を解説生前整理でやることは何?メリットや進め方を解説 生前整理は、自分が亡くなった時に、遺族が自分の財産関係で困らないように整理しておくことです。 最近では「終活の一つとして、やっておきたい」という人が増えていますよね。 自分の中で、たいして財産がないと思っていても、自分が亡くなった後の悲しみに暮れている家族に、遺品や財産の整 […]
  • 孤独死の葬儀は誰がする?遺族の有無で葬儀の流れは変わる?孤独死の葬儀は誰がする?遺族の有無で葬儀の流れは変わる? 高齢で身寄りのない方や独身で、家に一人でいることが多い方は「孤独死」に対して不安を持っているかもしれません。高齢化社会の現代では、孤独死のニュースを見かけることも増えていますが、葬儀やその後の遺品整理などはどうなるのか、疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。 ここでは […]
ページのトップに戻る
  • お見積り訪問
    ご相談・出張費
    0
  • 「HPを見た」で
    20%off

名古屋、愛知、岐阜、三重にて遺品整理やゴミ屋敷片付けなどのお困り事は便利屋リアルサービスに何でもご相談ください。