0120-678-5380120-678-538

お役立ちコラム

2021/02/09
便利屋とはどんな仕事?資格は必要?

便利屋は、引っ越しやちょっとした生活の悩みを解決してくれる、頼れるサービスです。
でも、「どんな依頼でも対応してくれるのか?」や「悪徳業者が多いのでは?」などといった不安から、便利屋を利用したいけど悩んでいる人は多いのではないでしょうか。
今回は、便利屋の仕事内容や必要な資格などを解説。利用する前の注意点なども紹介しますので、参考にしてください。

 

便利屋とは?どんな仕事もするの?

便利屋とは、日常生活の中で困っていることを解決してくれる業者です。
高齢化や共働き世帯が増えたことにより、全国に便利屋のサービスが増えています。

例えば「電球を取り替えたい」「パソコンをインターネットにつなぎたい」「不用品を回収して欲しい」など、大小さまざまな生活の悩みをお願いできます。
便利屋は生活の困りごとの多くを引き受けてくれますが、違法性がある仕事、一部の業務を受け付けないという業者もあります。
便利屋へ依頼する前に、どういった仕事をしてくれるのか、確認しておくといいでしょう。

便利屋の具体的な仕事内容は?

便利屋では、次のような仕事をしてくれます。

 

・買い物や料理
・ペットの散歩
・家具家電の移動、組み立て
・部屋の片付け、掃除
・不用品の処分
・保育園の送り迎えや子守
・介護サポート
・草むしりや庭木の選定
・害虫駆除
・パソコンのセットアップ
・雪かきなど

 

短時間から丸一日かかる作業まで、さまざまな仕事内容に対応しています。
技術や知識を持ったプロが対応してくれるので、一人では解決できないことも短時間で解決できるのが、便利屋に依頼するメリットです。

便利屋は資格が必要?

便利屋は資格がなくてもできる作業があります。
例えば、草むしりや雪かき、ペットの散歩などは、無資格で作業しても大きな問題はありません。
ただし、作業の中には資格や自治体に届出書を必要とするケースがあります。
依頼後、トラブルに合わないためにも、どういった資格を必要とするのか確認しておきましょう。

 

・運転免許
自動車やトラックを運転するには、運転免許が必要です。
免許があればどの車も運転できるとは限らず、例えば8トン限定中型免許は、4トントラックまで運転できます。
乗車人数が11人未満なので、12人以上を送迎できるマイクロバスの運転はできません。

 

・電気工事士
室内にコンセントを増やしたい、電気の修理をお願いしたい時は、電気工事士の資格を保有したスタッフが必要です。
電球の取り替えであれば、無資格でも問題ありません。

便利屋は資格の保有だけではなく、自治体に届出書が必要な仕事もあります。

 

・古物商許可
中古品やリサイクル品、ユーズド品などを取り引きするには、古物商許可が必要です。
ただし、無償の引き取りや引取料が発生する場合は、無許可でも大丈夫なケースがあります。

 

・探偵業開始届出書
人探しの依頼は、探偵業開始届出書を警察に申請しなくてはいけません。
契約内容や調査で見つけた秘密を元に恐喝をするなど、トラブルを起こさないために必要です。

 

・害虫駆除業者
自治体によりますが、害虫駆除をする際、届出書が必要です。
作業中に使う薬剤で、周辺の農作物や環境に影響を与える可能性があるため、安全性の確保が必要です。

 

・一般貨物自動車運送事業
便利屋が保有するトラックで、有償で依頼を受けた荷物を運送する場合、一般貨物自動車運送事業の届け出が必要です。

 

・貨物軽自動車運送事業
便利屋が軽トラックや125CC以上のバイクを使って荷物を運搬する場合、貨物軽自動車運送事業の届け出が必要です。

 

・一般廃棄物収集運搬業
引っ越しや遺品整理などで大量に出た荷物を便利屋として廃棄する場合、一般廃棄物収集運搬業の届け出が必要です。
一般廃棄物収集運搬業許可のない便利屋が、お金を払って処分品を回収するのは法律違反なので気をつけましょう。

 

・産業廃棄物運搬業者
飲食店や工場などの移転や片付けで出た廃棄物の処分は、産業廃棄物運搬業者の届け出が必要です。
無許可の場合、3年以下の懲役または300万円以下の罰金など、厳しい罰則があります。

便利屋を利用する注意点は?

便利屋へ依頼する際、保有する資格や許認可の確認だけで安全とは限りません。
全国的に急増している便利屋の中には、高額な金銭を要求する悪徳業者もいます。
悪徳業者に引っかからないためにも、利用する注意点を確認しておきましょう。

事前見積りでトラブルを回避

便利屋によってサービス内容が違うため、料金に大きな差があります。
料金トラブルは大きな問題になりつつあるので、事前に見積り依頼することをおすすめします。
事前見積りは、電話やメールだけでできるのか、下見調査が必要なのかなどもしっかり確認しておきましょう。

会社情報を確認

依頼する予定の便利屋が信頼できるか不安な時は、必ず「代表者の氏名、住所、電話番号、ホームページ」を確認しましょう。
よくポストに、連絡先が携帯電話番号だけ書いた便利屋の広告を見かけます。
インターネットで会社名を検索してもわからず、不安ですよね。
会社情報がしっかり記載されていて、さらに実績のある便利屋は、信頼性が高いでしょう。

物損事故の対応を確認

高価な物を便利屋に引き取ってもらう時は、必ず「物損事故の保証」について確認しましょう。
便利屋の中には、賠償責任保険に加入しているケースもあるので、万が一の事故やトラブルも安心です。
また、便利屋の中には保証を有料で付帯する場合があるので、事前見積りで一緒に確認しておくといいでしょう。

まとめ|便利屋は信頼できる業者へ依頼しよう

日常生活の困りごとを解決してくれる便利屋は、保有する資格や許認可によって対応できないサービスもあります。
また、依頼中や費用に関するトラブルもよく耳にするので、会社情報の確認や事前見積りは大切です。
便利屋を選ぶ時は、信頼できる業者へお願いしましょう。

pagetop