01206785380120-678-538

お役立ちコラム

2021/12/24
ヤニ落としの効果的な落とし方とは?予防方法も紹介

家の中で喫煙する習慣がある場合に問題になるのが、クロス(壁紙)の「ヤニ汚れ」。
「壁紙が黄ばんできた」「換気をしてもニオイが消えない・・・」これは壁紙がヤニで汚れているサインかもしれません。
ヤニ汚れを放置すると、汚れがひどくなり落ちにくくなるため、こまめにお手入れをすることが大切です。

この記事では、クロスのヤニ汚れの原因・効果的なヤニ落としの方法・ヤニ汚れの予防方法などについて徹底解説します。

ヤニ落としの効果的な落とし方と予防方法を徹底解説!

たばこのヤニでクロス(壁紙)が汚れる原因とは?

室内でたばこを吸うと、なぜクロスが黄色く汚れてしまうのでしょうか?その原因は、「タール」です。

たばこには「タール」という有害な物質が含まれています。タールは、粘着質な植物性の樹脂で、これが「ヤニ」と呼ばれるものの正体です。喫煙者の歯が黄色くなっていることがあるのは、タールが付着して固まっているためです。
これと同じように、たばこのタールが煙に運ばれてクロスに付着すると、黄色く汚れてしまいます。

クロスのヤニ落としで準備するもの

クロスについたヤニを落とすには、以下のものを準備しましょう。

ヤニ落としに使用する道具

・雑巾2枚(水拭き用と乾拭き用)
・スポンジ(台所用スポンジでOK)
・ブラシ
・歯ブラシ(凹凸や細かい部分を掃除するのに使用)
・ゴム手袋

洗剤

・重曹
重曹はアルカリ性のため、油性の強いタールを落とすのに効果的です。さらに、消臭効果も持っており、ヤニの悪臭を消すことができます。

・セスキ炭酸ソーダ
重曹で落ちない、しつこい油汚れには、セスキ炭酸ソーダが有効です。セスキ炭酸ソーダは重曹と同様にアルカリ性ですが、重曹よりもアルカリ濃度が高いため、頑固なタールの汚れにも威力を発揮します。消臭効果もあり、比較的、体に優しいのが特長です。

・塩素系漂白剤
重曹やセスキ炭酸ソーダでは落ちない強力な汚れの場合は、最後の手段として、塩素系漂白剤を使います。クロス用でなくても、衣類用のもので構いません。アルカリ濃度が非常に高く、しつこいヤニ汚れに有効ですが、クロスに白以外の色が使われている場合は、変色のおそれがあるため注意が必要です。

漂白剤を大量に吸い込むと、非常に有害であるため、使用の際には、窓を開けたり換気扇を回したりするなど、十分に換気を行ってください。

クロスのヤニ落としの手順

それでは、クロスのヤニ落としの手順をご紹介します。
以下の手順で行います。

➀掃除機やはたきを使って壁についているホコリを取る

ホコリが壁についたままだと、洗剤をつける際にホコリが湿って壁にへばりついてしまうため、掃除機やはたきを使ってホコリを取り除いておきます。

②洗剤を適切な濃度に調整する

洗剤が適切な濃度になるように、水で薄めます。水と各洗剤を以下の割合にしてください。
重曹・・・水:重曹=2:1
セスキ炭酸ソーダ・・・水:セスキ炭酸ソーダ=10:1
塩素系漂白剤・・・水:塩素系漂白剤=5:1

➂ヤニ汚れの部分に洗剤を吹きかける

ヤニで汚れている部分に洗剤を吹きかけます。

④スポンジやブラシを使って、軽くこする

洗剤を吹きかけた箇所を、スポンジやブラシを使って、優しくこすります。力を入れすぎると、クロスを傷つけたり、色ムラになったりするため、軽めにこするのがポイントです。

⑤水拭きをする

雑巾で水拭きをして、洗剤とヤニを拭き取ります。

⑥乾拭きをする

水拭きが終わったら、最後に乾いた雑巾で乾拭きをします。水分や洗剤の成分がクロスに残ると、変色やシミの原因になるため、しっかりと拭き取りましょう。クロスのヤニ落としでは、洗剤を狭い範囲にかけて、少しずつヤニを落としては拭き取るという作業を繰り返すのがポイントです。

クロスのヤニ汚れの予防方法

最後に、クロスのヤニ汚れを予防する方法をご紹介します。

たばこを吸う場所に注意する

室内でたばこを吸わないことは、クロスのヤニ汚れを防止する手っ取り早い方法です。ベランダや庭で吸うか、室内の場合は、換気扇の下や窓を開けて吸うとよいでしょう。吸う場所を工夫することで、随分ヤニ汚れがつきにくくなります。

汚れが目立たない色のクロスを使う

クロスの色が真っ白だと、どうしても汚れが目立ってしまいます。もし白にこだわりがなければ、やや薄い色付いたのクロスをおすすめします。ベージュやアイボリーなどの色のクロスは、汚れが目立ちにくく、心理的に落ち着く効果が得られるのが特長です。

汚れが落ちやすいクロスを使用する

表面に薄い保護フィルムがついているクロスは、汚れがついてもすぐに落とすことができます。フィルムで保護されているため、表面を水拭きしても、ほとんど傷みません。

空気清浄機を使用する

多少コストはかかりますが、空気清浄機を使うのもおすすめです。たばこを吸うときに空気清浄機をかけておくと、ヤニを吸い取ってくれるため、クロスが汚れるのを防げます。

まとめ

以上、クロスのヤニ落としについて解説しました。クロスにヤニが蓄積すると、落ちにくくなるため、こまめに掃除することが大切です。
もしご自身で掃除するのは手間だ、時間が取れないといった場合は「リアルサービス」にご相談ください。

 

→リアルサービスのハウスクリーニングについてはこちら

関連記事

  • 断捨離にポイントはあるの?断捨離を成功させるポイントと整理法断捨離にポイントはあるの?断捨離を成功させるポイントと整理法 近年物を整理したり、不要なものを処分したりすることで暮らしやすくする「断捨離」や、あまりものを持たない「ミニマリスト」というライフスタイルが注目を集めています。 一方で、断捨離に失敗した方や後悔した方の話も聞こえてきます。 そこで、失敗や後悔しない「断捨離のポイント」と […]
  • 壁紙ハウスクリーニングの特徴や費用を抑えるコツをご紹介!壁紙ハウスクリーニングの特徴や費用を抑えるコツをご紹介! 「家の壁紙の汚れが目立ってきたな…」とお悩みの方はいませんか?普通のハウスクリーニングとは違い、壁紙のクリーニング方法を間違えると、かえって壁紙を傷つけてしまいそうで心配ですよね。そんな時はハウスクリーニング業者に依頼しましょう。 ハウスクリーニング業者なら壁紙の材質に合った […]
  • ゴミ屋敷にゴキブリが大量発生する理由と退治法ゴミ屋敷にゴキブリが大量発生する理由と退治法 ゴミ屋敷になるとゴキブリやハエ・ダニなど、いろいろな害虫が発生します。特にゴキブリは暗く、じめっとした狭い場所を好みます。そのためゴミ屋敷は恰好の住処となるのです。 ただでさえ不衛生なゴミ屋敷の中で、ゴキブリが繁殖するとその数は一気に増加します。よく家の中でゴキブリを1匹見た […]
  • 汚部屋とは?レベルごとの片付け方とキレイを保つポイントを紹介汚部屋とは?レベルごとの片付け方とキレイを保つポイントを紹介 汚部屋とは、文字通り汚れている部屋のことを指します。 掃除が苦手・うまく片付けられないなど、いろいろな理由がありますが、そのままにしておくことは健康的、精神的にも支障が出る可能性があります。 部屋は生活の場ですから、汚れているよりはきれいな方がいいのは当たり前。 「そ […]
  • 雨の日の引っ越しは要注意!失敗しないための対策法を解説雨の日の引っ越しは要注意!失敗しないための対策法を解説 引っ越しを無事に終えるには天候も関係します。たとえば、雨の日に引っ越しをするのはとてもたいへんですよね。 荷物が濡れたり、車に積み込むのが面倒になったりと問題はいろいろです。そのほかにも、雨の日の引っ越しには危険が伴うので十分に気をつけましょう。 この記事では、雨の日の引っ […]
  • セルフネグレクトとは?原因・脱出方法・予防方法を徹底解説!セルフネグレクトとは?原因・脱出方法・予防方法を徹底解説! みなさんは「セルフネグレクト」をご存じでしょうか? セルフネグレクトとは、生活を保つための能力や意欲が欠如していて、心身の安全や健康が脅かされている状態のことを言います。 自分や周りの方がセルフネグレクト又はセルフネグレクトに陥る危険があるという方もいらっしゃるかもしれませ […]
ページのトップに戻る
  • お見積り訪問
    ご相談・出張費
    0
  • 「HPを見た」で
    20%off

名古屋、愛知、岐阜、三重にて遺品整理やゴミ屋敷片付けなどのお困り事は便利屋リアルサービスに何でもご相談ください。