01206785380120-678-538

お役立ちコラム

2021/03/26
遺品整理とは?故人と向き合い貴重な時間を過ごす方法

高齢化や単身者の孤独死などにより、遺品整理は今、注目度が高まっています。大切な方のお通夜・葬儀が終わり、それまでの慌ただしさが落ち着いたころに待っているのが、遺品整理です。
遺品整理は、じっくりと故人に向き合える貴重な時間です。気持ちの整理をするにもいい機会と言えます。
しかし遺品整理を何度も経験している人は決して多くありません。そのためどのように進めていけばいいのか悩んでしまうのではないでしょうか?
ここでは遺品整理の意味や方法、注意点をご紹介します。

遺品整理とは

遺品整理とは故人が残したものを、親族が整理することを言います。
遺品整理というとまず思い浮かぶのは、故人の大切にしていたものや、貴重品の整理でしょう。

しかし実際はそれだけではありません。
故人が一人暮らしをしていた場合、住んでいた部屋のすべてを整理する必要があります。
なんということはない些細なものでも、一つひとつ必要かどうかを確認しながら進めていくのです。

遺品整理は思い出深いものが見つかったり、どうすればいいのか悩んでしまうものもあり、かなりの労力と時間がかかります。
そのため気持ちの整理をしながら、じっくりと腰を据えて取り組みましょう。

ただ、中には故人の死後、期限内に行わなければならない手続きもあります。
では期限が決められているものを、確認してみましょう。

 

遺品整理には優先順位がある

遺品整理は、やみくもに始めずに、重要な書類を最初に揃えることから始めましょう。

まずは印鑑や通帳、保険証書といった貴重品のある場所を確認します。
それが揃ったところで、銀行や保険関係・相続関係の手続きを行いましょう。

このような手続きには、期限が決められているものもあります。
ここではその一部をご紹介します。

死後必要な手続き

 

期限

場所

年金受給停止

国民年金は死後14日以内

年金事務所

介護保険資格喪失届

死後14日以内

市区町村役場

雇用保険受給資格者証

死後1ヶ月以内

ハローワーク

不動産相続

なし

法務局

銀行預金の相続

なし

各銀行


銀行預金は、休眠口座などの可能性もあり、期限はありませんが早めに対応したほうがいいでしょう。

人によって違いますが、他にもさまざまな手続きが必要です。
期限が切れてしまうことのないよう、早めの確認がおすすめです。

また故人の住居が賃貸だった場合は、借りている期間内に終えなければなりません。
期限までに間に合わない場合は、他の親族や業者に依頼することを考えましょう。

 

遺品整理の方法

遺品整理は量が膨大で何から手を付ければいいか困ってしまうこともあるでしょう。
貴重品をピックアップした後は、遺品整理を本格的に始めていきます。

エンディングノートの確認

遺品整理を始める前に、遺言書・エンディングノートの有無を確認します。
最近よく耳にする「エンディングノート」とは、親族や知人に伝えたい死後の希望を書いたものです。

法的な強制力がある遺言書と違い、エンディングノートに強制力はなく、希望を書いたとしても叶えられるとは限りません。
しかし故人の考えを確認することで、新たな発見があるかもしれません。
可能であれば、貴重品と一緒に探せるといいですね。

 

遺品の仕分け

次は遺品として手元に残すものと、処分するものに分けます。
どうすればいいか迷うものに関しては、ひとまず保留にしておきましょう。
持ち帰って保管し、しばらくたってから必要かどうかを再度判断します。

形見分けするものがあれば、どれを誰に分けるのか選びましょう。

形見分けは一般的に、故人のアクセサリーや衣服を贈ります。
クリーニングしたり、きれいにした状態で渡すのが礼儀です。

 

廃棄かリサイクルの分別

家電製品など処分するには、お金がかかるものもあります。
電化製品や家具など、まだ使用できるものはリサイクル業者に持っていく方法も考えましょう。

処分が終わったら、最後に部屋の掃除をします。

 

遺品整理の注意点

相続税などの手続きを早めに行うこと以外にも、遺品整理には注意点があります。
トラブルにならないためにも、確認しておきましょう。

 

親族の了解を得る

遺品整理は故人の貴重品や趣味の品など、自分一人の判断で処理できないものもあります。
それを勝手に遺品整理してしまった場合、親族間でトラブルになる可能性があります。
事前に遺品整理することを伝える、一緒に遺品整理するなどの対応が必要です。

 

家の中以外の遺品整理を忘れない

故人の持っていた車や携帯電話も、処分や解約の手続きをします。
また最近増えているのは、SNSやLINEなどデジタル関連の遺品です。
そのままにしておくこともできますが、必要なデータが残っている可能性もあります。

しかしそういったものは、ロックされていることも多いため、簡単には確認できません。
そんな場合は、専門の業者に依頼してみましょう。

 

遺品整理を業者に依頼する場合

遺品整理士という仕事もあるほど、遺品整理を行ってくれる業者は増えています。
住まいが離れていたり、体力的に無理などの理由で、なかなか遺品整理ができないという人もいます。
そこで考えられるのが、遺品整理業者へ依頼することです。

たとえば必要なものだけを先に運び出し、残ったものを業者に依頼することもできます。
どの程度までやってもらうかは、親族で相談して決めるようにしましょう。

 

業者に依頼するメリット・デメリット

業者に依頼する場合、メリットもあればデメリットもあります。
どちらも理解したうえで依頼するようにしましょう。

 

業者に依頼するメリット・デメリット

メリット

デメリット

・短時間で済ませられる

・大型の家電や家具の持ち出しもやってもらえる

・費用がかかる

・必要なものとそうでないものとの区別が難しい

 

まとめ

遺品整理とは、故人を偲びながら行う大切な作業です。
「リアルサービス」は愛知県全域から岐阜県・三重県の一部をカバーする便利屋さんです。
遺品整理に関しても、お客様のご希望に合わせお手伝いさせていただきます。

遺品整理にお困りの方は、お気軽にご相談ください。

 

→リアルサービスの遺品整理についてはこちら

 

関連記事

  • 自分で引っ越しするのはコスパが悪い!?実態を徹底解説!自分で引っ越しするのはコスパが悪い!?実態を徹底解説! 自分で引っ越しした方が「引っ越し代を抑えられる!」と考えている方も多いと思いますが、意外と自分で引っ越しするのも出費がかかるのはご存じですか? 特に荷物が少ない単身の方で、近隣への引っ越しであれば引っ越し業者の方が安く済む・・・なんてことも。 ここでは、そんな出費を抑えるた […]
  • 引っ越し難民になるのはなぜ?原因や対策とは引っ越し難民になるのはなぜ?原因や対策とは みなさんは「引っ越し難民」という言葉を、ご存じでしょうか?引っ越し難民とは、引っ越しをしたくてもできない人のことをいいます。背景には、引っ越し業界の人手不足など構造上の問題があるため、今や誰もが引っ越し難民になる可能性があります。 もし引っ越し難民になった場合に、パニックに陥 […]
  • 遺品整理と生前整理はどこが違うのか?行うタイミングは?遺品整理と生前整理はどこが違うのか?行うタイミングは? 遺品整理は、自分の親が亡くなった時にやらなければなりませんが、最近では生前整理という方法も増えてきています。 どちらも自分の財産などを整理する方法なのですが、具体的な中身は全く違っています。 なんとなく似ているというイメージがありますが、自分の将来的なことを考えると、しっか […]
  • ゴミ屋敷の住人の心理とは?その心理状態になる原因と解決法ゴミ屋敷の住人の心理とは?その心理状態になる原因と解決法 ここではゴミ屋敷の住人の心理と、その原因・解決策を解説します。 ゴミ屋敷に住む人の心理状態はなかなか理解しがたいものがあります。またゴミ屋敷に住み続けることでアレルギーや病気になる可能性があったり、近隣住民に迷惑がかかる、火事になりやすいなどと言った弊害があります。 しかし […]
  • テレビの引っ越し時の「梱包」「配線」「設定」方法を徹底解説テレビの引っ越し時の「梱包」「配線」「設定」方法を徹底解説 テレビの引っ越しにはいろいろと注意点があります。 壊れないように梱包する「梱包術」 引っ越し後の配線がわからなくならないようにするテクニック 引っ越し後のチャンネル設定 などなど、テレビの引っ越し準備の前に理解していた方が良いことがあります。ここでは、引っ […]
  • セルフネグレクトとは?原因・脱出方法・予防方法を徹底解説!セルフネグレクトとは?原因・脱出方法・予防方法を徹底解説! みなさんは「セルフネグレクト」をご存じでしょうか? セルフネグレクトとは、生活を保つための能力や意欲が欠如していて、心身の安全や健康が脅かされている状態のことを言います。 自分や周りの方がセルフネグレクト又はセルフネグレクトに陥る危険があるという方もいらっしゃるかもしれませ […]
ページのトップに戻る
  • お見積り訪問
    ご相談・出張費
    0
  • 「HPを見た」で
    20%off

名古屋、愛知、岐阜、三重にて遺品整理やゴミ屋敷片付けなどのお困り事は便利屋リアルサービスに何でもご相談ください。